小鼓

ー コツヅミ ー

二枚の馬皮の間に桜材の胴をはさみ、調べ緒という麻製の紐を通した組み立て式の打楽器です。
調べ緒の握り具合を変えることで様々な音色を奏でられます。
裏皮に貼った和紙に湿り気を与えたり、皮に息を吐きかけたりして湿度を調整しながら演奏します。
柔らかく妙なる音色が魅力の代表的な和楽器です。