事前ワークショップ「神楽」

本公演で共演する絵馬の一場面「神楽」の舞と小鼓を指導します。

能楽という日頃見ることのない演劇を親しみやすく伝えるため、それぞれの専門家である、シテ方・小鼓方・笛方・司会解説者(全員能楽師)の計4名でワークショップをします。なぜ腰を入れてスリ足で歩くのか、なぜカケ声をかけるのか、そして何が必要なのかを解説します。カケ声をかけるのを恥ずかしがる子達が多いと思われますので、まずは声を出す練習に力を置きます。


◇ワークショッププログラム 

1.始まりの挨拶…能楽は、礼に始まります。正式な挨拶で始めたいと思います。 

2.能楽ってなあに…能楽の概要や歴史をわかりやすく説明します。

3.能楽をみてみよう。…公演当日に共演する「神楽」を実演します。

舞を舞おう(画像を一部加工)

4.能面、舞ってなあに?…能面を紹介し、能楽の舞の基本姿勢と動作を学び体験します。 「能面を着けるとどうなるか」「腰を入れ、手を動かさずに、すり足で歩く」のはなぜなのかを、わかりやすく説明します。

5.舞を舞おう。…公演当日に共演する「神楽」の舞を指導します。 

休憩 

6.小鼓大鼓ってどんな楽器?…小鼓大鼓という楽器を紹介します。

7.カケ声を掛けよう。…みんなでカケ声を掛けてみよう。どうしてカケ声を掛けるのか、掛けないとどうなるのかを解説します。

小鼓体験(画像を一部加工)

8.実際に体験しよう。…小鼓、大鼓と能面の体験をします。小鼓は公演当日に共演する「神楽」を指導します。 

9.質問感想コーナー…不思議に思ったこと、疑問に思ったこと、知りたいことなど、なっでも質問してください。

10.終わりの挨拶…能楽は、礼に終わります。正式な挨拶で締めくくりたいと思います。  

公演時間 約95分(児童生徒数により前後します)

ワークショップ終了後、舞を共演する子供たちには”幣”を、小鼓を共演する子供たちには”小鼓のレプリカ”を作って練習してもらいます。作り方のプリントをお渡しします。(こちらからもダウンロードできます。”幣の作り方” ”簡単♪小鼓の作り方”)
能楽は日常の稽古が大切です。公演当日まで繰り返し練習できるようにお稽古用DVDをお渡しします。

YouTube Preview Image

本公演 能楽「絵馬」